クロスステッチとは

クロスステッチとは

クロスステッチはビザンチン帝国時代にトルコで始められた
もののようです、 その後てイタリア、 ヨーロッパ、そして
世界へ広がったようですね。日本へは明治の終わりごろに
伝わってきたようですね。

クロスステッチは手芸のひとつで初心者や子供にも
取り組みやすい刺繍の種類と言われていますね。

そのためか刺繍キットではクロスステッチが一番数多く
販売されているようです。

そのクロスステッチキットにも多種多様で実に簡単なものから
完成まで半年以上も時間がかかる物もあるようですね。

その辺も初心者から、熟練の方まで多くの方が
取り組んでいる要因でしょうか。

クロスステッチは基本的にはどのような布地にも刺すことが
出来るようですが一般的にはジャバクロス、アイーダ、刺繍用リネン
等と呼ばれる布地を使用することが多いようです。

クロスステッチは一度取り組んで作品を完成させると
虜になりやめられなくなる人が多いようです。

これも多彩な色彩や図案が数多くありその仕上がりの
素晴らしさと作り上げていく楽しみにあるのでしょうか。

クロスステッチの歴史を考えてみても図案や色彩が
世界の素晴らしさを表現していることが窺い知れますよね。

ぜひあなたも一度クロスステッチを体験される
事をお勧めいたします。




■トップページ

クロスステッチ情報館